2月11日(祝)「もりのおうち 番外編〜もりのほうきづくり〜」を市民の森の木工館で行いました!
以前にあぐりの丘で落ち葉掻きをして腐葉土作りをしましたが、落ち葉を手で集めるのはなかなか大変で、子ども達も飽きるのが早く…
「道具があれば楽しくできるんじゃないかな。せっかくならマイ道具を作ろう♪」という、思いつき企画。

「竹ぼうきを作りたい!」といつも一緒に森作り活動をしている「長崎楽しみの森づくり会」の先生方にご協力頂きました!
竹林整備で切った竹を用意。

20150211morinoouchi04
まずは竹のいらない枝の部分をハサミやニッパーで切り落とします。
切り口は小刀やヤスリで整えます。
その竹を束ねていきます。
20150211morinoouchi05
竹の向きをうまくそろえないと、竹ぼうきの先がきれいに広がりません。
結構難しい作業です。
作るのにはまり、集中する大人達。
20150211morinoouchi01
作業したり、焚き火の火の管理に来たり、遊びに行ったりを繰り返す子ども達(^^;;
20150211morinoouchi02
でも、子ども達も出来るとこはみんなで作業。
針金で束ねて、子ども達が使いやすい長さに切って…
出来上がりました!

「マイほうき」の完成!
出来た竹ぼうきにまたがってみんなで飛んでみました♪
20150211morinoouchi06

お昼は焚き火で作ったカレースープ。
美味しかったです!

あちこちで竹林が広がり、今、竹林整備は大変です。
切られた竹はうまく使ってあげたら素敵な道具になります。
20150211morinoouchi07

道具を作るのは時間がかかります。
ただ買ったものよりも作ったものには思いが入りますね。
物作りから物への思いや、なんとなくでも今の森のことを知ってもらえるといいなと思います。